いまだ人間を幸福にしない日本というシステム

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、おすすめ本 『いまだ人間を幸福にしない日本というシステム』を紹介します。


20200601.jpg
  【出版社】 角川ソフィア文庫
  【著者名】 カレル・ヴァン・ウォルフェレン
  【出版日】 2012年12月
  【価 格】 895円(税別)
  【対象者】 中級者





『 私も多くの日本の官僚たちが、
  強い責任感を示すのを、目の当たりにしてきた。
  彼らに欠けているのは説明責任である。

  責任感といのは
  自分の意思で伸ばすことのできる、
  個人的なものであり、やがて性質の一部となる。

  だが説明責任というのは
  政府組織に組み込まれたものである。
  それは職務や果たす役割に付随して
  必要とされるものである。

  そして日本の統治のやり方が特殊なのは、
  最大の実権を握る官僚たちが、
  自分の活動について説明するよう
  ほとんど求められていないからである。』 (本文より)


 政府による議事録の改竄・不在・排除が続く。
 その結果、国会審議が体を成さない。
 政府が、勝手に暴走し始めているのでは?

 私たちは、日本というシステムの中で暮らしている。
 では、日本というシステムの本質は、何か?
 残念だが、システムの中の人間には、本質は見えない。
 日々の当たり前の中に、本質は隠れているからだ。

 それなら、システムの外の人間に、聞いてみよう。
  日本というシステムは、どうなっているのか?
  だとしたら、どんな欠陥があるのか?
  だとしたら、どんな問題が起きるのか?




■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
 【 夏ミカン 】 夏ミカンの花が、咲きました。受粉に来てね。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2020年06月01日)

"いまだ人間を幸福にしない日本というシステム" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント