ベストセラー「21世紀の資本」を読む

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『ベストセラー「21世紀の資本」を読む』について考えました。


             ベストセラー「21世紀の資本」を読む 

 『21世紀の資本(トマ・ピケティ著)』が、ビジネス書ランキングの一位を続けている。新聞紙上でも関連記事をよく見かけ、テレビでも取り上げられた。関連書籍も売れている。

 自分も読み進めているが、量的にも、質的にも、重みのある本だ。読者の一人としての第一印象は、[入口の壁]が高いだ。経済書であり、歴史書であり、哲学書であり・・・・。

 ところで、この本がなぜベストセラーになるのか?

 いま世界では様々な人たちが、資本主義の限界を察し、時代の転換点を直感し、次の社会への新しい[解釈]を探している。自分もその一人だ。

 だが、時代の要請だけでは、ベストセラーにはなれない。高い[入口の壁]を越える必要があるからだ。

 高額商品(\5,940)を購入できる経済の豊かさ。読書時間を投資できる精神の豊かさ。日本語で読める言葉の豊かさ。内容を理解できる思考の豊かさ。そして、異なる文化を受入れられる思想の[寛大さ]。

 私たちの社会において[寛大さ]は当たり前だが、他の社会から見ると[ふしぎ]のようだ。自分たちの世界に閉じこもっていると、当たり前過ぎて[寛大さ]に気づかない。

 世界中で混乱が拡大している。日本人として「何ができるか?」を考える前に、「日本人とは?」と自問を繰り返している。「フランス人との違いは?」と自問しながら、大書に向き合っている。




■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
 【スイセン】スイセンが日焼けしました。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2015年01月19日)