嵐の中で車のドアが全開、なぜ?

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『嵐の中で車のドアが全開、なぜ?』について考えました。


             嵐の中で車のドアが全開、なぜ? 

 超大型台風が接近する前日、わが家の近隣でも強風・大雨への備えが目についた。隣の建築現場では、足場や資材の状況を確認していた。

 台風当日、強風の中、小型ショベルカーの運転席のドアが全開である。強風に煽られても微動だりしない。全開のまま、固定されている。

 状況から判断するに、「閉め忘れ」ではない。理由があって、全開にしているようだ。一緒に考えてもらいたく、傍にいた高2の娘に質問した。

 「ショベルカーのドアが全開だ!」
 「なぜ、全開にしているのでしょうか?」

 いろいろな理由(選択肢)が出る。選択肢を抽出する段階で大切なことは、質より量、評価は後にし選択肢を量産することだ。このときは、頭の柔らかさがモノ言う。しがらみの少ない娘の発想力(若者・バカ者・よそ者の力)が助けとなる。

 いろいろ出た選択肢から、わが家の見解を一つに絞った(決断)。

 「安全のため(リスク管理として)」
 「強風でショベルカーが横転しないようにする」

 「ショベルカーの横転を防ぐため(リスクの制御)」
 「運転席の水濡れを受容した(リスクの保有)」

 台風一過の晴天下、建築現場で作業が再開した。大工の棟梁に、現実を確認した。

 「なぜ、台風のときドアを全開にするのですか?」

 棟梁が、苦笑いしながら教えてくれた。
 「ドアの鍵が壊れているだけさ」
 「閉めると開かなくなるから、閉まらなくしてある」

 夕飯時に娘に結果を伝えた。クスッと笑われ、あっけなく終了。身近な些細な出来事が、ときに世界を騒がせる(バタフライ効果)。現実とはこんなものである。




■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
 クリスマスツリーを飾りました。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2013年12月23日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0