テーマ:避難生活

避難指示解除に向けて

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『避難指示解除に向けて』について考えました。              避難指示解除に向けて   震災から4年が経った。避難指示解除準備区域である南相馬市小高区では、いまも帰宅は日中に限られ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害時、なぜ日本人は逃げないのか?

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『災害時、なぜ日本人は逃げないのか?』について考えました。              災害時、なぜ日本人は逃げないのか?   洪水、津波、地震などの災害に遭うとき、日本の住民はなかなか逃げよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道具の携帯性と避難生活

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『道具の携帯性と避難生活』について考えました。              道具の携帯性と避難生活   わが家の資産運用では、リターンよりリスクに重点を置いている。動乱の時代、「致命傷の回避が第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家庭用太陽光発電と原発避難生活

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『家庭用太陽光発電と原発避難生活』について考えました。              家庭用太陽光発電と原発避難生活   家庭用の太陽光発電が注目されている。国や市の補助金も用意され、チラシ広告も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが家が避難生活から学んだこと

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『わが家が避難生活から学んだこと』について考えました。              わが家が避難生活から学んだこと   「避難指示が場当たり的であった。このため、避難場所を4回以上移転した人が7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南相馬市小高区の立ち入り禁止解除

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『南相馬市小高区の立ち入り禁止解除』について考えました。              南相馬市小高区の立ち入り禁止解除   4月から下宿生活を始めた息子(大学1年)が帰省した。原発事故の警戒区域…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏直下型地震に備えは万全か

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『首都圏直下型地震に備えは万全か』について考えました。              首都圏直下型地震に備えは万全か   先日東京で、「首都圏直下型地震に備えは万全か」と題して、自分の震災・原発事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難生活と鉢呂経産省辞任

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『避難生活と鉢呂経産省辞任』について考えました。                  避難生活と鉢呂経産省辞任   鉢呂経産省が辞任した。国政への思いは、「いい加減にしろ、(もっとしっかりしろ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能と理性

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『放射能と理性』について考えました。                  放射能と理性   国が目安とする放射線量の年間許容量が、ズルズルと引下げられている。当初目安の根拠となった年間100ミリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰宅準備と放射線対策

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『帰宅準備と放射線対策』について考えました。                  帰宅準備と放射線対策   放射線の勉強を始めた。「自宅で安全に暮らせるか」の問いへの判断材料を得るためだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難準備区域の解除と帰宅準備

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『避難準備区域の解除と帰宅準備』について考えました。                  金避難準備区域の解除と帰宅準備   家族4人、久しぶりに南相馬市の自宅に一時帰宅した。一番の目的は、自宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難生活と学びへの挑戦

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『避難生活と学びへの挑戦』について考えました。                  避難生活と学びへの挑戦   自分は天の邪鬼である。「みんなと反対のことをしたらどうなるのかな?」 そんな問いが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自主避難、出発の日

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『自主避難、出発の日』について考えました。                  自主避難、出発の日   3月14日夜。明朝の自主避難を前に、15年間の南相馬市での生活を振り返った。人生の節目とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難生活と最後の晩餐

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『避難生活と最後の晩餐』について考えました。                  避難生活と最後の晩餐   3月14日、原発事故の状況が判らず不安が増す。不安が恐怖に変わる前に、車での県外への避…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難生活と精神的損害

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『避難生活と精神的損害』について考えました。                  避難生活と精神的損害   中3の娘とともに一時帰宅し、地元の中学校の部活動に参加させてもらった。入学時から苦楽を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難生活と決済口座

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『避難生活と決済口座』について考えました。                  避難生活と決済口座   わが家では、お金のフロー管理は決済口座で、ストック管理は貯蓄口座で取引している(コラム「決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義援金と一時仮払補償金

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『義援金と一時仮払補償金』について考えました。                  義援金と一時仮払補償金   避難生活も早3ヶ月となった。やっと義援金40万円(国35万円+県5万円)と東京電力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難生活と生活防衛資金

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『避難生活と生活防衛資金』について考えました。                  避難生活と生活防衛資金   4年前、女性自身の特集記事「値上げに負けない家計防衛作戦」で、生活防衛資金の大切さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一時帰宅とマイホーム

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『一時帰宅とマイホーム』について考えました。                  一時帰宅とマイホーム   原発事故で避難生活の中、一時帰宅した。庭は雑草に覆われていたが、何もできない。必要最小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難生活からの第一声

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『避難生活からの第一声』について考えました。                  避難生活からの第一声   東日本大地震から1ケ月が経過した。わが家は福島第一原発から23キロ、家族4人で避難生活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more