テーマ:お金

「金利は貸し手へのお礼」、本当かな?

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『「金利は貸し手へのお礼」、本当かな?』について考えました。     「金利は貸し手へのお礼」、本当かな?   ある社長さんから教わった。  「金融教育では、『金利は貸し手へのお礼』とのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融商品は、良し悪しが変わる

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『金融商品は、良し悪しが変わる』について考えました。     金融商品は、良し悪しが変わる   ある個人投資家から教わった。  「世の中には、[良い金融商品]と[悪い金融商品]がある」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費者の暮らし、生活者の暮らし

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『消費者の暮らし、生活者の暮らし』について考えました。              消費者の暮らし、生活者の暮らし   ある社長さんから教わった。  「学ぶときには、」  「[いくらで]より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

複式簿記は人間の生んだ最高の発明?

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『複式簿記は人間の生んだ最高の発明?』について考えました。              複式簿記は人間の生んだ最高の発明?   ある社長さんから教わった。  「『複式簿記は人間の生んだ最高の発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

21世紀の貨幣論

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、おすすめ本 『21世紀の貨幣論』 を紹介します。   【出版社】東洋経済新報社   【著者名】フェリックス・マーティン、遠藤 真美(訳)   【出版日】2014年10月   【価 格】2,600…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「家事」と「経済成長」の関係とは?

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『「家事」と「経済成長」の関係とは?』について考えました。              「家事」と「経済成長」の関係とは?   いまの政治経済では、私たちの暮らしの良し悪し(生活レベル)をGDP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

破局に備える

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、おすすめ本 『破局に備える』 を紹介します。   【出版社】講談社   【著者名】ハワード・ラフ、堺屋 太一(訳)   【出版日】1980年01月   【価 格】1,400円   【対象者】上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「仕事」と「お金」の関係とは?

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『「仕事」と「お金」の関係とは?』について考えました。              「仕事」と「お金」の関係とは?   ある社長さんから、「仕事」について教わった。  「[働く]には、[仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デス・オブ・マネー

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、おすすめ本 『デス・オブ・マネー』 を紹介します。   【出版社】講談社   【著者名】ジョエル・クルツマン   【出版日】1993年10月   【価 格】2,330円(税別)   【対象者】上級…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more