テーマ:金銭教育

時間泥棒に洗脳されているね

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『時間泥棒に洗脳されているね』について考えました。              時間泥棒に洗脳されているね   ある子育て父さんから教わった。  「カゴAの中には、ネズミが1匹います」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モモ

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、おすすめ本 『モモ』 を紹介します。   【出版社】岩波少年文庫   【著者名】ミヒャエル・エンデ   【出版日】2005年06月   【価 格】800円(税別)   【対象者】初心者 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからは、「職人の時代」だよ

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『これからは、「職人の時代」だよ』について考えました。              これからは、「職人の時代」だよ   娘(大1)とメガネ屋へ出かけた。破損した娘のメガネを修理してもらうためだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家庭だからできた、わが家の金銭教育

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『家庭だからできた、わが家の金銭教育』について考えました。              家庭だからできた、わが家の金銭教育   小学校から帰宅するとすぐに、私は10円玉を一個握りしめて駄菓子屋へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎月、いくらまで使っていいの?

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『毎月、いくらまで使っていいの?』について考えました。              毎月、いくらまで使っていいの?   娘(大学1)が一人暮らしを始めた。仕送りは、本人名義の銀行口座へ送金する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族貯金箱と株主優待

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『家族貯金箱と株主優待』について考えました。               家族貯金箱と株主優待   わが家も築12目を迎え、いろいろと修繕が必要になってきた。取り急ぎ、トイレ工事とガスコンロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、おすすめ本 『金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方』 を紹介します。         金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方   【書籍名】金持ち父さんの新提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お天気クイズ

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『お天気クイズ』について考えました。                   お天気クイズ   親子でクイズ番組を見るときは、親も真剣勝負である。原則は早い者勝ち。親は子に遠慮することなく、答え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サブプライムの現地取材

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『サブプライムの現地取材』について考えました。               サブプライムの現地取材   サブプライム問題の震源地アメリカ。テレビで現地取材の特集を見た。  収入が減る中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、おすすめ本 『アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書』 を紹介します。           アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書   【書籍名】アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14歳からのお金の話

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、おすすめ本 『14歳からのお金の話』 を紹介します。               14歳からのお金の話   【書籍名】14歳からのお金の話  【出版社】マガジンハウス  【著者名】池…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

携帯電話と電子マネー

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『携帯電話と電子マネー』について考えました。                携帯電話と電子マネー   電子マネーが急速に普及している。私も電子マネーの出始めに、SUICAカードとEdyカード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族麻雀

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『家族麻雀』について考えました。                     家族麻雀   家族で麻雀(マージャン)をした。息子(中学2年)と娘(小学5年)は、初めての体験である。加えて、妻も初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お金のことで分からないときは?

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『お金のことで分からないときは?』について考えました。               お金のことで分からないときは?   日本FP協会が主催するセミナーに参加した。「お金のことで分からないときは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株式体験ゲーム

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『株式体験ゲーム』について考えました。                   株式体験ゲーム   家族で株式体験ゲームをした。小学5年の娘が購読している学研の科学と学習の付録である。  私も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休み金融・投資教室

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『夏休み金融・投資教室』について考えました。                 夏休み金融・投資教室   この夏休み、小学生を対象とした「金融・投資教室」が銀行や証券会社により開催された。「小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リトマス試験紙

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『リトマス試験紙』について考えました。                   リトマス試験紙   家族4人、テレビで理科の実験教室を見た。鹿児島特産の紫イモに、お酢をかけると赤く変色した。酸性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプ場の学生ボランティア

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『キャンプ場の学生ボランティア』について考えました。               キャンプ場の学生ボランティア   市の学習センター主催の親子キャンプに参加した。今年で2度目の参加となる。昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日のプレゼント

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『父の日のプレゼント』について考えました。                  父の日のプレゼント   息子(中一)と娘(小5)と一緒に、近所のスーパーにアイスを買いに出かけた。いつもなら「僕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金銭教育

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『金銭教育』について考えました。                     金銭教育   NPO日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の福島支部の幹事会に、オブザーバーとして参加した。出席者は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消防車の乗物

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『消防車の乗物』について考えました。                    消防車の乗物   子育てで不要になったものを整理している。ベビーベットやオマルといった赤ちゃん用品と、幼児用のおも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クイズ番組

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『クイズ番組』について考えました。                     クイズ番組   わが家では、テレビのクイズ番組を家族で見る。回答が見つかると我先に答えを言い合う。親も子に遠慮する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お手製のメモ帳

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『お手製のメモ帳』について考えました。                   お手製のメモ帳   小学4年生の娘のお小遣いは週150円、全国平均の半分と少ない。代わりに、親が喜ぶモノを提供した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレーゾーン金利の撤廃

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『グレーゾーン金利の撤廃』について考えました。                 グレーゾーン金利の撤廃   貸金業規制を強化する法案の国会審議が始まった。出資法の上限金利29.2%を20%に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校のお祭りと食券

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『小学校のお祭りと食券』について考えました。                 小学校のお祭りと食券   娘の小学校でPTA主催のお祭りが行われた。子どもらのお気に入りは、先生と父兄が運営する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレゼント助成金

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『プレゼント助成金』について考えました。                   プレゼント助成金   わが家では、お小遣い制を実施している。中学一年の息子は月額1,000円、小学四年の娘は週額…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩たたき券と足も揉み券

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『肩たたき券と足も揉み券』について考えました。                 肩たたき券と足も揉み券   わが家では、お小遣い制を実施している。中学一年の息子は月額1,000円、小学四年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子ども会の廃品回収活動

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『子ども会の廃品回収活動』について考えました。                 子ども会の廃品回収活動   日曜日に、子ども会の廃品回収に参加した。町内の小学生と親とで、雑誌、ダンボール、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お小遣い討論会

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『お小遣い討論会』について考えました。                    お小遣い討論会   わが家では、お小遣い制を導入している。中学一年の兄は、月額1,000円。小学4年の妹は、週額…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書助成金

こんにちは、自分年金・実践者の佐藤光一(ピカイチ先生)です。 2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。 今回は、『読書助成金』について考えました。                     読書助成金   わが家には、読書助成金なる制度がある。子どもが本を購入した場合、半額を私が補助する。本の種類は問わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more