原発事故から10年、節目の記録

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『原発事故から10年、節目の記録』について考えました。


    原発事故から10年、節目の記録 

 原発事故当時から、わが家は、専門家の書籍に情報源を求めている。10年の節目に、原発事故関連の書籍を学び直した。新たに、いくつかの良書に出逢えた。

 物理頭のシステム屋として、客観的に「正しい」と判断した情報源である。同時に、原発避難の当事者として、主観的に「本当のことだ」と判断した情報源である。

(コラム『震災から5年、わが身を振り返った記録集』を参照)


●『福島原発事故はなぜ起こったのか 政府事故調核心解説
  畑村 洋太郎(2013/04/20)

 原発事故は、なぜ起きたのか? 大事故には、多くの伏線があった。しかし私たちは、それらを排除し続けた。結果は、起こるべくして起きた。


●『厚労省が国民を危険にさらす 放射能汚染を広げた罪と責任
  木村 盛世(2012/03/08)

 避難生活からの帰還後も、精神的不安が重くのしかかる。ここでは、放射線被害は(風評被害ではなく)実害だ。だが、科学的根拠のない楽観主義に基づいていた政府は、パニックを起こした。発信される情報は支離滅裂で、何を信じていいのかわからない。


●『放射能のダブー』副島 隆彦(2011/11/05)

 家族の命は、自分で守るしか手はない。パニックの中で、「自分で判断する」と覚悟を決める。東電・国・県・マスメディアが「安全だ」と繰り返すたびに、不安が増す。「(会議室の)意見はいらない。(現場の)生データを出せ」と叫び続けた。




■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
【ソラマメ】ソラマメの花が、咲きました。はじめまして。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2021年03月29日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント