長く大きな揺れから始まった

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『長く大きな揺れから始まった』について考えました。


    長く大きな揺れから始まった 

 東日本大震災から 10年が経った。各テレビ局で、特集番組が組まれ、当時の映像が繰り返された。あのときの記憶が甦る。すべては、長く大きな揺れから始まった。

 散歩の途中、スマホの緊急地震警報が鳴る。画面を見ると、「宮城県沖地震発生」を告げる。想定内の事象である。

「やばい(大きな地震が来るぞ)」と、身の安全を確認する。
 崩れそうな塀はないか?
 変圧器を抱えた電柱はないか?
 車道に逃げても大丈夫か(車はこないか)?

 大きな揺れが始まる。経験したことのない大きな揺れだ。歩道から車道の中央へ移動する。その場で、転倒しないように、中腰で踏ん張る。

「(揺れは) 1分で止まる」と自分に言い聞かせながら、周囲の異変検知に集中する。左右・前後・上下と目視確認を繰り返す。揺れている間は、自分の身は自分で守るしか手はない。

 長い 1分間が過ぎ、揺れが弱まり始めた。「よし終わったぞ」と安堵すると、すぐに 2度目の大きな揺れが始まる。「なんだこりゃ(想定と違うぞ)」と叫びながら、その場で中腰の態勢に戻る。

 長い長い 2分間が過ぎ、揺れが弱まり始めた。「よし今度こそ(終わった)」と安堵すると、3度目の揺れが始まる。中腰で踏ん張りながら「(揺れは)もう止まらないのかしれない?」「(そしたら)この揺れの中で生きるのは辛いな」と次々と妄想が湧く。 

 やっと、揺れが止まった。だが、体が静止に慣れない。まっすぐ歩くことができない。平衡感覚が正常に戻るまで、その場で立ち尽くす。

 休みながら、周囲の状況を確認する。塀・家・電柱に異変はない。まるで、いまあった地震が嘘のようだ。安堵感より違和感を覚える。

「(さて)これからどうするか?」と思考を再開する。気づくと、自宅に向かって歩いていた。




■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
【スイセン】スイセンが、咲きました。春が来たよ。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2021年03月15日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント