福島原発事故はなぜ起こったのか

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、おすすめ本 『福島原発事故はなぜ起こったのか』を紹介します。


20210301.jpg
  【出版社】 講談社
  【著者名】 畑村 洋太郎、安部 誠治、淵上 正朗
  【出版日】 2013年04月
  【価 格】 1,300円(税別)
  【対象者】 中級者





 政府事故調の委員長・畑村は、最終報告書の最後で「委員長所感」を述べた。100年後の評価に耐える事故調査にしたいと考えたからだ。

 そのためには、事故で学んだことを知識化することが必要だ。しかも、時代が変わっても様々な分野に適用できるように普遍化することが重要だと考えた。

『 ① あり得ることは起こる。あり得ないと思うことも
   起こる。
  ② 見たくないものは見えない。見たいものが見える。
  ③ 可能な限りの想定と十分な準備をする。
  ④ 形を作っただけでは機能しない。仕組みは作れる
   が、目的は共有されない。
  ⑤ 全ては変わるのであり、変化に柔軟に対応する。
  ⑥ 危険の存在を認め、危険に正対して議論できる文
   化を作る。
  ⑦ 自分の目で見て自分の頭で考え、判断・行動する
   ことが重要であることを認識し、そのような能力
   を涵養することが重要である。 』(本文より)

 原発事故から 10年、事故について学び直している。
 あのとき、現場では何が起こったのか?
 なぜ、それは起こったのか?
 そして、同じ失敗を繰り返さないためには・・・
 たとえば、ウィルス対策では・・・
 と自分の頭で考えながら。




■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
 【チューリップ】チューリップの葉が、踊ります。アンドゥトロワ。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2021年03月01日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント