ビットコインが急騰

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『ビットコインが急騰』について考えました。


    ビットコインが急騰 

●『ビットコイン3万ドル突破』(日経新聞01/05)
『法人参入相次ぎ急騰 2週間で 1万ドル高』 ビットコイン価格が 2万ドル突破からわずか 2週間で3万ドルを突破した。「バランスシートを米ドルからビットコインに転換を」。2020年12月20日、米マイクロストラテジーの CEOはツイッターで米テスラの CEOに呼びかけた。

●『ビットコイン4万ドル突破』(毎日新聞01/09)
『 3万ドルから 5日で』 将来的なインフレを見込み、供給量に上限のあるビットコインを金のような資産と捉える見方が広がった。

 ビットコインの対円価格が、1週間で39.33%高騰した。逆も真なりで、円の対ビットコイン価格が、1週間で 39.3%下落した。

 貨幣も[種の保存]をかけて、多様化(進化)を続けている。ビットコインは、貨幣が変異したひとつにすぎない。

 貨幣が変わると、貨幣の利用者である私たちは、市場とのかかわり方(貨幣の使い方)を変えることになる。やがて、経済(貨幣の考え方)を変えることになる。ビットコインへの備えの必要性を痛感する。

 急遽ビットコインを購入し、帳簿の仕組みづくりを始めた。目標は二つだ。ひとつは、簡素化である。マイクロビジネスを営むわが家では、経理に割けれる時間はわずかだ。もうひとつは、家計簿と会計簿との一体化だ。創業時からの方針であり、これだけは譲れない。

 ビットコインの保管は、どうすれば安全なのか?
 ビットコインに対する課税は、どうなっているのか?
 ビットコイン建ての取引は、どう管理すればいいのか?

 と、やるべきことはいろいろある。ビットコインの相場を定期的にモニタリングする必要もある。メルマガの市場動向で、ビットコインの対円価格を追加した。週間隔で、ビットコインの相場動向を確認する。





■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
【スイセン】スイセンの芽が、伸びます。只今 8センチ。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2021年01月11日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント