なぜ、政府の対応に不安を感じるのかな?

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『なぜ、政府の対応に不安を感じるのかな?』について考えました。


    なぜ、政府の対応に不安を感じるのかな? 

 あるシステム屋から教わった。

「いま私たちは、コロナ危機に直面している」
「そして、政府の対応に不安を感じている」
「(ところで)なぜ、政府の対応に不安を感じるのかな?」

「不安には、[不安心]と[不安全]とがある」
「[不安心]とは、不確実性だ」
「『何をしたらいいかわからない』ことだ」
「[不安全]とは、不確定性だ」
「『何をしたらいいかわかっているが上手くできない』ことだ」

「政府の対応に、私たちは混乱している」
「アクセルとブレーキを、同時に踏んでいるからね」
「自分は、何をしたらいいかわからない」
「(だから)私たちは、[不安心]を感じる」

「(万一)自分がコロナに感染した場合には、」
「入院して治療してもらえばいい」
「何をしたらいいかはわかっているが、できないかもしれない」
「(だから)私たちは[不安全]を感じる」

「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

「平時には、アクセルを踏めばいい」
「危機には、ブレーキを踏めばいい」
「(つまり)アクセルとブレーキを、交互に踏めばいい」

「感染が鎮静中の地域では、アクセルを踏めばいい」
「感染が警戒中の地域では、ブレーキを踏めばいい」
「空間を分散することで、時間の分散が可能となる」

「システムは、集中化と分散化を繰り返す」
「平時には、システムの集中化が進む」
「均質化と規模拡大により、効率の極大化を求めてね」
「危機には、システムの分散化が進む」
「多様化と規模縮小により、対応の迅速化を求めてね」

「ときにシステムは、量的拡大を求めて集中化する」
「ときにシステムは、質的拡大を求めて分散化する」




■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
 【ブルベリー】ブルベリーの実が、熟しました。雨が止んだら収穫だ!(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2020年07月27日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント