デジタル化の流れに乗ることにした

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『デジタル化の流れに乗ることにした』について考えました。


    デジタル化の流れに乗ることにした 

 税制改正により、青色申告特別控除(65万円)の適用要件が変わった。従来の要件は「複式簿記による記帳」であったが、本年度より「電子帳簿による記帳」となった。

 65万円の特別控除を継続するために、経理事務の作業を見直した。新しい適用要件を満たすため、以下の対応をした。
 ・会計簿ソフトを電子帳簿対応版へバージョンアップ
 ・所轄税務署へ承認申請書を提出
 ・会計簿の事務手続きを決め、概要を承認申請書に添付

 いま、新型コロナが、私たちの時代を切断している。コロナ前とコロナ後では、世界は異なる。生き残るために、わが家も事業内容を変容させることになる。だが、どの方向に変容させるかの判断は、しばらく様子見の状態が続く。

 そんな自宅待機の期間だが、コロナ後に向けて準備を開始した。そのひとつが、経理事務のデジタル化だ。

 事業内容がどのように変容しても、経理事務は残る。一方、経理事務は売上に寄与しない。よって、できるだけ省力化したい。この流れ(方向性)のなかで、いま税制改革の波に乗っかることにした。

 65万円の特別控除を継続するには、もうひとつ別の道がある。税申告の電子化である。こちらの方が簡単に対応できる。だが、どちらが得かの判断ではなく、どちらが時代の流れに乗っているかで判断した。

 「複式簿記による記帳」から「電子帳簿による記帳」へ

 社会のデジタル化の流れは、「作業の成果物(外見)」から「作業の手続き(中身)」へと、ステップアップすることを要請してきた。会計簿に関して、質問の波が次々と押し寄せてきた。
 ・データは、いつ、だれが入力するのか?
 ・データは、正しく修正・削除されているのか?
 ・データは、安全に保存されているのか?
 ・過去のデータは、確実に保管されているのか?

 これからも、質問の波は続くだろう。その度に、わが家は対応を強いられる。だが、その道をわが家は選択した。わが家は、税改革の波に乗っかることで、デジタル化の流れに乗ることにした。



■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
 【夏みかん】夏みかんの蕾が、膨らみました。初めてです。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2020年05月18日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント