コロナ前の社会にはもう戻れない

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『コロナ前の社会にはもう戻れない』について考えました。


    コロナ前の社会にはもう戻れない 

 ある社長さんから教わった。

 「ある日突然、オレたちは、原発事故で故郷を離れた」
 「見えない放射能から逃げるためにね」
 「あの時、オレたちは、」
 「職場をなくし、学校をなくし、病院をなくし、現金をなくした」
 「あの時の避難生活は、忘れない」

 「いま、オレたちは、新型コロナと直面している」
 「見えないウイルスから逃げたいが、今回は逃げ場がない」
 「世界中に感染が拡大しているからね」
 「いまオレたちにできることは、屋内で待機することだ」

 「(あの時は)幸いにも、オレたちは故郷に帰れた」
 「(そして)震災前の生活にはもう戻れないことを知った」
 「(今回は)世界中の人々が、同じ体験をするだろう」

 「新型コロナとの戦いは長期戦だ」
 「人々の行動変容は、一時的なものではなく、当たり前になる」
 「きっと、人々の価値観も変容するだろう」
 「オレたちは、コロナ前の社会にはもう戻れない」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「コロナ後の社会がどうなるかは、まだ誰にもわからない」
 「世の中に何が必要となるのかも、まだわからない」
 「(だが)いま、屋内で待機する中で、やるべき[準備]がある」

 「世の中が大きく変わる時には、ものごとの[本質]が見える」
 「[本質]は、変わらないからね」
 「[本質]に焦点を合わせて、生活の[基盤]を再設計することだ」



■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
 【チューリップ】チューリップが、満開です。私は二色です。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2020年04月20日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント