16歳のデモクラシー

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、おすすめ本 『16歳のデモクラシー』を紹介します。


20200302.jpg
  【出版社】 晶文社
  【著者名】 佐藤 優
  【出版日】 2020年01月
  【価 格】 1,600円(税別)
  【対象者】 中級者





 『 古代ギリシャの時代には、
   民主主義がベストであるという考え方ではなかった。

   政治体制が三つあった。
   一つは君主制、二つめは貴族制、三つめが民主制です。
   それぞれ、堕落する可能性を持っている。

   君主政治が続くと、
   だんだんと君主が勝手なことをしだすので、
   それが独裁制になる。

   その様子をみた人たちが、
   何人かの優秀な人たちで集団指導していこうと考える。
   これが貴族制になる。

   貴族制が堕落すると、寡頭制になり、
   普通の人たちが集まり政治を行う民主制になる。

   しかし民主制も堕落し、衆愚制になる。
   このだらしない状態を解決するためには、
   ひとりの人が治めた方がいいと考えるようになり、
   また君主制に戻る。 』 (本文より)


 政治体制の循環の中で、
 いま私たちは、どの時代を生きているのか?
 もしそうだとしたら、これからどうなるのか?

 民主主義について、自分の頭で考える。
 高校の特別講義から、必要な教養を学ぶ。




■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
 【 チューリップ 】 あれ、赤いチューリップ? まだ芽だよね。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2020年03月02日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント