「足し算」と「掛け算」の違いは、何かな?

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『「足し算」と「掛け算」の違いは、何かな?』について考えました。


    「足し算」と「掛け算」の違いは、何かな? 

 ある社長さんから教わった。

 「(事業主として)独立する際に重要なのは、」
 「税務や会計や財務といった、経理(経営管理)の仕事だ」
 「経理の仕事は、儲けにならない」
 「(だが)経理が不十分だと、事業は空中分解する」

 「(ところで)[足し算]と[掛け算]の違いは、何かな?」

 「事業にとって、経理の役割は、」
 「ときに[足し算]であり、ときに[掛け算]となる」

 「実務(物理)空間では、経理は[足し算]に働く」
 「儲けに繋がらないが、誰かがやらねばならない」
 「支払い作業も、税申告も、ゼロにできないからね」

 「貨幣(仮想)空間では、経理は[掛け算]に働く」
 「経理が不在(ゼロ)だと、事業全体の儲けはゼロとなる」
 「どんなに実務(購買・加工・販売)で頑張っても、」
 「[掛け算]の結果は、ゼロとなる」

 「(さらに)経理では、レバレッジ(梃子)が働く」
 「良い借金を使うことで、実務の儲けを倍増できる」
 「(一方)悪い借金にはまると、良い実務も、損失に化ける」
 「経理の良し悪しで、」
 「[掛け算]の結果は、プラスにもマイナスにもなる」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「経理では、」
 「物理(実務)空間と仮想(貨幣)空間を行き来する」
 「現場(体)と会議室(頭)を、行き来する」

 「(なぜなら)[足し算]を忘れると、実務に潰される」
 「(一方)[掛け算]を忘れると、お金に潰されるからね」



■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
 【 チューリップ 】 チューリップが、紅をひいて、芽を出しました。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2020年02月17日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント