イジメ問題とインサイダー取引問題と原発事故

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『イジメ問題とインサイダー取引問題と原発事故』について考えました。


             イジメ問題とインサイダー取引問題と原発事故 

 組織の根底を揺るがす問題が、次から次へと露見している。イジメ問題では教育委員会が、インサイダー取引問題では野村證券が、そして原発事故では・・・・。

「あなたの社会における役割は何ですか?」

 問題が露見した組織へ素朴な質問を投げかけると、組織のトップから的外れの答え(保身的な言い訳)が返される。組織の長として責任の自覚も、組織の再興への意欲も感じられない。

 わが家には夢がある。夢は、こうなりたいという「あるべき姿」を映し出し、現状の「いまある姿」との溝、つまり問題を露見する。

 夢が生まれると、問題も生まれる。夢と問題とはコインの表裏の関係にある。だから、問題があることは夢がある証であり、問題がないことは夢がない証でもある。

 ところが、分解分析一辺倒の科学理論主義に慣れされた私たちは、夢と問題とを分解(切り離)し、問題を悪者扱いし、回避または見ない振りをして来た。結果、知らず知らずのうちに夢も失くし、みんな一色に染まった。

 この過信の流れに乗り、組織は巨大化し、いまあちらこちらで厳しい現実に直面している。

 だが、ものは考えようである。あちらこちらで問題が露見してきたのは、私たちが夢を抱き始めた証でもある。

 いまの教育体制ではダメだ。いまの株式市場の体制ではダメだ。いまの原子力体制ではダメだ。私たち一人ひとりが、こうしたいという夢に目覚めた証でもある。



■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
 ヒマワリの大輪が咲きました。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2012年07月30日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0