予測外と想定外と想定内

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『予測外と想定外と想定内』について考えました。


             予測外と想定外と想定内 

 福知山線脱線事故の初公判で、JR西日本歴代3社長が無罪を主張した。事故は予測できなかった、つまり「予測外」が理由である。

 東電の原発事故の言訳は、「想定外」である。電源喪失が甚大な事故(メルトダウン)に至ることは予測していた。だが、電源喪失の発生確率は極めて低いので考えない、つまり「想定外」にされた。

 東電の原発安全対策は、電源喪失は起きないことを「想定内」として、積み重ねられた。だが現実として、電源喪失が起き、メルトダウンが起き、現状に至っている。

 人間はついつい自分の力を過信し、気づくと身動きが取れないバブルを発生するようだ。東日本大震災では、科学技術では自然を制御できないことを学んだ。

 安住財務相が、赤字国債法案を巡り「10月に財源が枯渇する」と強調した。財政赤字の深刻さは、ギリシャやスペインを対岸の火として、われ関せずでは許されない段階に来たのかもしれない。

 毎年積み上げて来た赤字国債の山。その行き着く先は予測できた。だが、経済成長の復活を夢見て、財政赤字の終着駅は考えないこと「想定外」にしてきた。いまここに至り、財政赤字の終着駅が「想定内」になってきたとを、世界のあちらこちらで吐露し始めたようにも見える。

 ここでも人間は自分の力を過信し、気づくと身動きが取れない財政赤字に世界各国が陥っている。これから私たちは、経済学では経済を制御できないことを学ぶのかもしれない。

 歴史は繰り返される。愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。肝に銘じている言葉である。



■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
 ウドが伸び盛りです。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2012年07月09日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0