野菜のお裾分け

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『野菜のお裾分け』について考えました。


            野菜のお裾分け 


 野菜高騰の折、お裾分けで野菜をいただく機会に恵まれた。

 近所の人から沢山もらったのでと、お米を買っている農家の方がカブを届けてくれた。好物の一夜漬けのほか、大根の代役として煮物でいただいた。

 仕事でお客様を訪問した際、庭先の畑のキャベツを収穫し、小さいけれどと言いながら2個手渡された。千切りにして、コロッケの脇に山盛り(いつもどうり)にしていただいた。

 お付き合いをいただいている方々の心遣いに、感謝が絶えない。日々の食事の中にも、「モノ」では味わえない(感じられない)豊かさがある。

 「おカネで買えないモノはない」

 と言われることがある。確かに、ある面では正しいのかもしれない。しかし、この言葉が正しいとすれば、まったく裏の意味も正しくなる。

 「おカネではモノしか買えない」 と。

 私たちは、対価を払うことで自分がすべきことを外部へ委託できる。しかし、自分ですることを敬遠するあまり、豊かさを味わう(感じる)ことも外部へ委託しているのかもしれない。

 「平凡が一番。でも、平凡でいることは難しいぞ。」

 中学の恩師の言葉を思い出した。



■今日の記念写真
 小松菜の花が咲きました。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2010年04月26日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0