株主優待とお裾分け

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『株主優待とお裾分け』について考えました。


              株主優待とお裾分け 


 株主として応援している会社から、自社製品のお菓子が届いた。株主優待である。

 家族全員が、この会社のお菓子のファンである。地元東北にある会社で、麦工房の愛称でラスクを製造販売している。毎年この時期、株主優待が届くのを家族全員で楽しみにしている。

 日頃お世話になっている方々に、少しずつだがラスクをお裾分けした。ありがたいことに、株主優待の中にはお裾分け用の袋も同封されている。

 お裾分けの経緯を簡単に説明して、ラスクを手渡す。気づくと、私は口コミ宣伝担当の強力営業マンになっている。

 会社は宣伝してもらい喜び、株主はお裾分けしたことを喜び、お裾分けをあげた方にも喜んでいただく。ひとつの株主優待から始まった喜びの連鎖である。

 株主優待については、否定的な考え方もある。不公平さや非効率さなどが理由である。でも、経済の基本である日常生活は、人間的であり、感情的である。そして、そこに楽しみもある。

 株式優待は、応援している会社からのお裾分けである。配らせてもらったラスクは、お裾分けのお裾分けである。お裾分け文化の愛好家としては、株主優待は嬉しい制度である。


■今日の記念写真
 ソヨゴの花が咲きました。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2009年06月08日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0