地元農協の不祥事

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『地元農協の不祥事』について考えました。


                 地元農協の不祥事 

 地元農協の「JAそうま」で、金融課窓口担当の女性が206万円を着服し懲戒解雇された。顧客の印鑑を偽造して、預貯金を着服。また窓口で納付された固定資産税27人分を着服した。

 「JAそうま」では、入金・伝票処理を女性職員1人に任せ、管理監督を怠っていた。「JAそうま」では2001年にも金融共済課長が約1,350万円を着服する不祥事があった。

 正直言って、お金の管理体制が皆無である。きっと、管理するという意識も無いのであろう。所詮他人のお金、年金を管理するどこかのお役所と同じ意識である。

 「JAそうま」では、2005年に個人情報を流出した。共済加入者で交通事故などを起こした人の名前・住所・生年月日などの個人情報である。原因は情けないものであった。個人情報の管理体制がなく、管理の必要性も認識していないことを露見した。

 金融機関にお金を預けるとき、私たちはお金より大事な個人情報を預けることになる。残高やお金の流れである。

 私個人としては、「JAそうま」の管理体制や管理意識の欠如を考慮すると、お付き合いしたくない金融機関となる。しかし、息子の中学PTA会費の自動振替口座が「JAそうま」限定のため、仕方なく口座を開設している。

 これを機会に中学校に「JAそうま」以外の口座の利用をお願いに行く所存である。実は、2005年の個人情報流出事件の際には市教育委員会へ同じお願いをした。残念ながら問題認識に温度差を感じた次第である。

 「JAそうま」も教育委員会もリスクへの意識が甘い。変わらぬことが最大のリスクであることに気づいていない。生活者の立場で苦言を呈する「意地悪おじさん」になることも、専門家としての責任であると最近痛感している。




■今日の記念写真
 小松菜が一斉に発芽しました。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2007年12月17日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0