引退できないシルバー層

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『引退できないシルバー層』について考えました。


                引退できないシルバー層 


 確定拠出年金(DC年金)で先行する米国において、懸念していた問題が起きている。運用成績の差により十分な年金額が受取れなくなってしまい、「引退できない」シルバー層が大量に誕生してしまった。

 この問題は他人ごとではなく、われわれの将来をも予見している。確定拠出年金では、運用責任は従業員であるわれわれにある。しかし、福利厚生担当者がお膳立てした1日くらいの年金セミナーで、運用ができるほど金融市場は甘くない。

 残念なことに、日本でも同様なことが起きる可能性が高い。現在、40歳台より若い方がリタイア時期を迎えるとき、「引退できない」シルバー層になる人がどのくらい誕生するのか?

 多くの日本人は、お金の教育を受けずに社会人になる。社会人になり一家を構え独立すると、お金の収支を管理し生活のやりくりをはじめる。

 お金の管理のしかたには、フロー管理とストック管理の2つがある。家計簿で管理する生活のやりくりはフロー管理である。一方、貯えとして持つ資産を運用するのがストック管理である。

 多くの日本人は、日常の生活でやりくりをしながらフロー管理を学んでいる。しかし、20年後という将来をつくるのはストック管理であり、こちらについては学ぶ機会が少ない。

 引退時の老後資金は、現役時代の役職や報酬で決まるものではない。現役時代にどれだけ資産運用を学び、どんな判断をしたかであるのだが・・・・



■今日の記念写真
 モッコクの新芽が真紅に輝いています。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2007年01月15日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0