ピカイチ先生の生活経営便り

アクセスカウンタ

zoom RSS 新生銀行の普通預金金利引上げ

<<   作成日時 : 2006/07/10 11:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、個人投資家(自分年金実践者)佐藤光一 (ネクストライフ・コンサルティング 福島県南相馬市)です。7月10日の『ピカイチ先生生活経営便り』をお届けします。今回は『新生銀行の普通預金金利引上げ』について考えてみました。


              新生銀行の普通預金金利引上げ


 日銀のゼロ金利政策解除を睨み、国内金利の動きが活発になって来た。10年国債の利回り上昇により、長期金利は2%直前。ここにきて、大手銀行が1年未満の定期預金金利も引上げた。

 10日に、三菱UFJ銀行は定期預金金利を引上げた。3ヶ月定期預金は0.02%から0.1%へ、6ヵ月定期預金は0.02%から0.12%へ引上げられた。引上げ率で考えると、3ヶ月定期預金が5倍、6ヶ月定期預金で6倍と大きい。

 取り残されていた普通預金金利も、新生銀行が8月から引上げることを発表した。金利は預金残高により異なるが、現行の0.001%から0.01%〜0.25%に引上げられる。引上げ率で考えると、10倍〜250倍である。

 市場では、ゼロ金利政策解除を織り込み、後は発表を待つだけという状況が出来上がりつつある。日銀と政府とのゼロ金利政策解除への道筋は、大きな混乱も無く上手く機能している。

 さて、ここで問題になるのは『家計』への影響である。金利上昇局面では、お金の借り方(住宅ローンなど)も、お金の殖やし方(金融商品の選択など)も変わる。「よく分からないから、何もしない」では、自助努力・自己責任の時代を生き残るのは難しい。

 とはいえ、多くの人は日々の仕事や生活に忙しく、金利上昇局面への防衛策を考える時間が殆どとれない。自分の人生にとって、大切な岐路となるのだが・・・・・(とても残念である)。

 ありがとう投信株式会社の村山社長と歓談した際、「多くの人が社会変化に気づかず、変化に対応する人は一握りに限られる。そんな日本社会の将来を危惧しています」と話しかけた。村山社長の応えは、「欧米でもそうだったのだよ。それは避けて通れない現実であり、動ける人から動くしかない」と。

 社会変化について、一人でも多くの人に気づいてもらいたい。動き始めてもらいたい。そんな願いを上手く伝えることが、今の自分の課題であり、楽しみでもある。

 金利上昇により、銀行間の新たな競争も始まるだろう。そこで何が起こるのか?

 家計を守るために、家計の外にも関心を持ってもらいたい。学校もマスコミも真実を教えてくれない。学校にも、マスコミにも、それぞれの立場があるからだ。ならば、自ら学ぶしか手はないのである。



■今日の記念写真
 ヒヨドリの巣がカラスに襲われてしまいました。(→こちら
画像
■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 個業研究家(生活経営実践者)として事業の側面から、個人投資家(自分年金実践者)として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。ネクストライフ・コンサルティング主宰。


この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。


(2006年07月10日)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
新生銀行の普通預金金利引上げ ピカイチ先生の生活経営便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる